江南 接骨院 ホーム > 治療案内 > スポーツ障害

スポーツ障害

スポーツ障害とは

スポーツ障害とは

スポーツ障害とは、スポーツが原因で起こる体の故障のことです。身体に無理な負担をかけると打撲や捻挫・筋の炎症・骨折の怪我だけでなく後遺症など障害が残る重度のケガになる場合もあります。


スポーツ障害は、大きく外傷と障害の2つに分けられます。
外傷・・・捻挫、骨折、脱臼、腱断裂、肉離れ等、外からの強い力が加わることが原因で生じるものを指します。
障害・・・特定の部位に繰り返し圧力が加わり軟部組織を損傷するもので、野球肩や野球肘、ランナー膝等と呼ばれているもの等があります。

スポーツ障害とスポーツ外傷を合わせて、スポーツ傷害と呼ぶ場合もあります。

スポーツ障害の主な部位と種類

むち打ち症等
野球肩、リトルリーガーショルダー等
野球肘、テニス肘、ゴルフ肘等
腰椎分離症・すべり症、梨状筋症候群等
ジャンパー膝、サッカー膝、ランナー膝、オスグッド・シュラッター病、タナ障害、腸脛靭帯炎、分裂膝蓋骨等
シンスプリント、アキレス腱炎等
足底筋膜炎、踵骨骨端症等

スポーツ障害とは

スポーツによるケガにあった場合、基本的にはRICE処置を施します。
休息(Rest)冷却(Ice)圧迫(Compression)挙上(Elevation)を略してRICEと呼びます。

休息(Rest)・・・患部を包帯などで固定し、安静にさせます。
冷却(Ice)・・患部を氷嚢などでアイシングし、組織の血管を収縮させ腫れや炎症を抑えます。
圧迫(Compression)・・・患部を包帯やサポーター等で圧迫し、内出血や腫れを抑えます。
挙上(Elevation)・・・患部を心臓より高く上げ、リンパの流れをよくして腫れを抑えます。

また、関節可動制限がある場合、患部の関節を矯正することで治癒期間の短縮が期待できます。
怪我をした場合、その痛む部分だけが悪いように思われがちですが、関節や筋肉などいろいろな部分で連結し、連動して働いて全ての体が動いているのです。

スポーツ障害の治療で一番大事なのは、無理なトレーニングをせず、自分の現状の能力にあったトレーニングを行うことにつきます。そして、少しでも違和感を感じたら運動を中止し、当院までご来院ください。当院では、様々なスポーツ障害(野球肘・ランナー膝・シンスプリント等々)に対応しております。お困りの方は、ぜひ一度ご相談ください。

院内設備

低周波治療器

低周波治療器
低周波治療器は主に痛みの部位がはっきりしているところ、小さな箇所に使用します。
当院の治療器は1~500Hzまでの幅広い周波数での治療が可能であり、急性期、回復期どちらにも対応できるように設定をしています。
回復期には温熱効果を目的にホットパックを併用できますので、より高い治療効果を得ることができます。

干渉波治療器

干渉波治療器
干渉波治療器は痛みの箇所が幅広い方に使用しています。吸盤による吸い付きでしっかりと電気が流れるようになっています。
患部を包むように導子をあてることで高い治療効果を得ることができます。

超音波治療器

超音波治療器
超音波治療器は急性外傷の初期にも使用でき、またリハビリテーションの中で温めるような治療を行う際にも使用します。
主に腱、靭帯組織の治癒を促進させるために使用しますが、骨折後の回復を早める作用もあります。

当院ではこの他にも微弱電流を用いた治療や様々な運動器具を用いて患者様に適切な治療が提供できるようにしています。

アクセス

 

所在地
〒483-8216
愛知県江南市古知野町塔塚177

診察時間
午前09:00~12:00/午後16:00~21:00
※日曜日と祝日は午後6時から午後9時までの予約制です。
※急患・時間外・往診についてはご相談ください。

休診日
土曜日午後、日曜日午前、祝日

アクセス
名鉄江南駅駅西口を出て、西へ約8分。
※中京銀行を右に曲がるとすぐに見えます。

お問い合わせ 詳しくはこちら