院長ブログ

2014年8月20日 水曜日

離断性骨軟骨炎の疑いが強い野球肘

本日初めて当院へお越し頂いた中学生の野球部員の話です。
8月の初めごろから右肘に痛みが出てきたということで、触ってみると肘の外側、解剖学的には上腕骨小頭という部位に圧痛がありました。
これは嫌なところだな、と思ったところ、患者さんから、昨年離断性骨軟骨炎として保存療法を行い、4月になってようやく投げ始めたところでした。
離断性骨軟骨炎というのは、早期発見がかなり困難で、保存療法が適応となるのは検診で発見出来た場合くらいだと以前文献で読んだ記憶があります。
なかなか治りが悪いものですし、手術療法の適応が高いため、念のためその通院された病院へ紹介状を作ってお渡ししました。
治療について、自分の出来る範囲と病院などで検査が必要なものはしっかり判断して、より良い治療を目指しております。


このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 はっとり接骨院

カテゴリ一覧

カレンダー

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
アクセス

 

所在地
〒483-8216
愛知県江南市古知野町塔塚177

診察時間
午前09:00~12:00/午後16:00~20:00
※急患・時間外・往診についてはご相談ください。

休診日
土曜日午後、日曜日、祝日

アクセス
名鉄江南駅駅西口を出て、西へ約8分。
※中京銀行を右に曲がるとすぐに見えます。

お問い合わせ 詳しくはこちら