院長ブログ

2014年5月 2日 金曜日

連休前に医接連携の患者さん。舟状骨骨折?そして円盤状半月?

GW連休前の金曜日。
本日は久しぶりに患者さんを病院へと紹介しました。

3月にケガをした主婦の方。
転んだ時に左手をついてかなり腫れたそうです。
近所の外科でレントゲン検査をしたところ、大きな骨折はないという診断。
しかし・・・「もしかしたら小さな骨に骨折があるかもね」ということでしたが、何故か湿布だけで以降は放置。

本日常連の患者さんから紹介されて来院されました。
スナッフボックスの圧痛と舟状骨結節の圧痛、そして2ヶ月経っても腫れが残っており、手関節の可動域制限もある!
う~ん。舟状骨骨折?
早めの確定診断が必要だと判断して名古屋のよねだクリニックへ紹介。
ちなみに舟状骨骨折は
・早期の診断が難しいため、発見が遅くなって偽関節になりやすい。
・中枢側の骨片が無腐性壊死をおこして手根骨の配列が変形しやすい
・手術(ハーバードスクリューまたは骨移植)
なので早めの確定診断が必要です。

自分の見立てが間違っていれば患者さんにとってはいいことですが、骨折していれば保存療法では難しいのでご紹介しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 はっとり接骨院

アクセス

 

所在地
〒483-8216
愛知県江南市古知野町塔塚177

診察時間
午前09:00~12:00/午後16:00~21:00
※日曜日と祝日は午後6時から午後9時までの予約制です。
※急患・時間外・往診についてはご相談ください。

休診日
土曜日午後、日曜日午前、祝日

アクセス
名鉄江南駅駅西口を出て、西へ約8分。
※中京銀行を右に曲がるとすぐに見えます。

お問い合わせ 詳しくはこちら