院長ブログ

2013年4月25日 木曜日

野球肩障害。内野手編です。ケアをしないといけない、情報を公開しないと。

最近高校生の各インターハイ予選が始まり、患者さんたちの要望も治療から機能強化、コンディショニングへと変わってきているはっとり接骨院です。

さてそんな中一宮北高校の野球部の患者さんがお見えになっています。
内野手をやっており、最後の夏に向けて練習中ですが、最近肩の痛みが強くなって1週間前から来院されています。

初診での可動域は屈曲および外旋が左よりも5度くらい低下(痛みのため)しており、フォロースル―期で痛みが出るという状態でした。

その他には下肢の硬さが強く(SLRで足が70度位)、体幹の回旋がやや制限(すぐに背中が浮いてしまう)が認められ、そして日頃はアイシングなどのケアをしていないという状態でした。

治療家目線から見ると解決できる問題が山積みです。
内野手は投げるフォームが投手とは少し違いますが、やらないといけないことはあまり変わらないので。

ちなみに1週間で痛みは無くなって、最近はコンディショニングの指導が中心となっています。
ではどんな治療をしたのかは明日以降少しずつ連載します。


このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 はっとり接骨院

アクセス

 

所在地
〒483-8216
愛知県江南市古知野町塔塚177

診察時間
午前09:00~12:00/午後16:00~21:00
※日曜日と祝日は午後6時から午後9時までの予約制です。
※急患・時間外・往診についてはご相談ください。

休診日
土曜日午後、日曜日午前、祝日

アクセス
名鉄江南駅駅西口を出て、西へ約8分。
※中京銀行を右に曲がるとすぐに見えます。

お問い合わせ 詳しくはこちら