院長ブログ

2013年1月30日 水曜日

スポーツ現場で起こる痛みの対処法について

さて痛みの国際シンポジウムから学んだ最後の話題が
「スポーツ選手と痛み」です。

スポーツ選手が試合中などでケガをした場合、その衝撃は努力をしてきた価値に比例して大きくなります。
自分でどれくらいのケガなのか、ある程度経験を積むとわかるようになり、ケガをした瞬間には痛みよりも怒り・悲しみ・焦りなどの感情を強く表現します。

こういった感情を受け止め、いかにしてスポーツの世界に復帰させていくかが、トレーナーの大きな役割です。
患部の安静だけでは競技への復帰にはダメで、いかにして残っている機能を活動させながら体力の錆びを抑えるか、ということに腐心しています。

スポーツ中継などで、サッカー選手が時々大げさに痛がっているシーンが見られますが、演技でそういったことをする選手もいますが、実際には痛みの記憶が大ケガをしたような錯覚を作り出してしまうそうです。このような場合は初めは異常に痛がりますが、すぐに回復してプレーに復帰する事もあるそうです。


私が青森でトレーナーをしていたころを思い出しながらこの講演は聞いていました。今は接骨院の中で仕事をしていますが、またスポーツ現場に行きたくなった講演でした。
以前出来なかったことが、今は多少なりともできるようになってきたので、機会があればまた現場に戻ってみたいですね。

読んで頂いてありがとうございました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 はっとり接骨院

アクセス

 

所在地
〒483-8216
愛知県江南市古知野町塔塚177

診察時間
午前09:00~12:00/午後16:00~21:00
※日曜日と祝日は午後6時から午後9時までの予約制です。
※急患・時間外・往診についてはご相談ください。

休診日
土曜日午後、日曜日午前、祝日

アクセス
名鉄江南駅駅西口を出て、西へ約8分。
※中京銀行を右に曲がるとすぐに見えます。

お問い合わせ 詳しくはこちら