院長ブログ

2012年12月26日 水曜日

ジャンパー膝のバレーボール部員。スポーツ障害・巻き爪矯正・交通事故治療の古知野町はっとり接骨院

ジャンパー膝で治療中のバレーボール部員が教えてくれました。
部活動によってはこんな話があるようです。

患者さん「学校の先生にはケガの話はしないけれど、部員同士だと話をするんですよね」
私 「先生にはケガのことを言わないの?」
患者さん「言わなくてもばれちゃいますよ。今日も相手と差がついたら交代させられました。強い相手だと最後まででるんですけどね」
私 「エースはつらいね、でも早く治すためには1週間くらい休んだ方がいいよ」
患者さん「まあ正月休みが3日ほどありますから、そこまでまずガンバリマス!」
私 「じゃあテーピングしてがんばるか!」

以前他のバレーボールの女の子が、明らかに歩行異常を起こして来院したことがあります。
高校女子のバレーボールというのは競技レベルが上がっていく(県大会ベスト8)ほどケガに対して我慢が必要なのでしょうか?う~ん難しい。

以前青森でトレーナーをしていたときは、ケガの報告はしっかりするように指導していたのですが、文化の違い?男女の違い?ケガに対しての指導方針もいろいろありそうです。

テーピングしながら練習する(合宿をする)のは、私としては多少の不満もありますが、悪化させないようにアイシングとストレッチ法はしっかり伝えておきました。

読んで頂いてありがとうございます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 はっとり接骨院

アクセス

 

所在地
〒483-8216
愛知県江南市古知野町塔塚177

診察時間
午前09:00~12:00/午後16:00~21:00
※日曜日と祝日は午後6時から午後9時までの予約制です。
※急患・時間外・往診についてはご相談ください。

休診日
土曜日午後、日曜日午前、祝日

アクセス
名鉄江南駅駅西口を出て、西へ約8分。
※中京銀行を右に曲がるとすぐに見えます。

お問い合わせ 詳しくはこちら