院長ブログ

2012年11月21日 水曜日

腰が0.51ミリずれている患者さん。スポーツ外傷・巻き爪矯正・交通事故治療の江南市はっとり接骨院

今日は腰の手術をされた患者さんのお話です。

3年前に腰痛センターというところで120万円払って腰椎すべり症の手術をされました。
しかし痛みはまだ残っています。

口癖は
「私の腰は第4腰椎が0.51ミリずれているから痛いの」
これを腰痛センターの医師がMRIやCTを使って説明していたそうです。


冷静に考えてみて
0.51ミリってどれくらいの大きさでしょうか?
実際手術をされたようですけれど、そのような小さなゆがみが手術で治るものでしょうか?
(体を少し捻ればこれくらいゆがみますよ)

私は手術が必要な患者さんは手術を受けるべきだと思いますが、でもこれは手術が必要なレベルでしょうか?

実際今日は問診を30分ほどして、最後は痛みが和らいで帰っていかれました。
医療は言葉で病気を作ることもできるし、治すこともできるという怖い仕事です。
特に高齢者に対して、不安をあおって手術をしては「オレオレ詐欺」と同じです

今回はちょっと極端な話です(患者さんが0.51という数字だけをしっかり覚えていた可能性もありますので)。
でも腰痛などは意識の持ちようが非常に大切ですから。

読んで頂いてありがとうございます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 はっとり接骨院

アクセス

 

所在地
〒483-8216
愛知県江南市古知野町塔塚177

診察時間
午前09:00~12:00/午後16:00~21:00
※日曜日と祝日は午後6時から午後9時までの予約制です。
※急患・時間外・往診についてはご相談ください。

休診日
土曜日午後、日曜日午前、祝日

アクセス
名鉄江南駅駅西口を出て、西へ約8分。
※中京銀行を右に曲がるとすぐに見えます。

お問い合わせ 詳しくはこちら