院長ブログ

2012年10月30日 火曜日

テニスショルダーの話。スポーツ外傷・巻き爪矯正・交通事故治療の江南市はっとり接骨院

今日は最近治療に苦労しているテニスショルダーの患者さんについての話です。

テニスショルダーというのはあまり使われていない用語ですが、テニスでサーブをうったり、スマッシュを打つときなどに肩を強く上げた状態でのプレーで痛みがでる状態です。

スポーツの世界だと野球やバレーボール、水泳などでも手が頭の上で動く「オーバーヘッドスイング」で痛みが出現しやすいのですが、今回の患者さんはテニスのコーチということで、
あまりウォーミングアップをできない、選手と違って常に動いているわけではなく、急にボールを打ったりしないといけないという悪条件もあるため、なかなか治療に難渋しています。

肩のトレーニングとしてはやはりインナーマッスルと呼ばれる小さな筋肉の再教育と、肩甲骨や胸椎などの動きも含めたフォームの回復が必要ですが、あくまでコーチなので選手に合わせないといけない・・・これがなかなか痛みを長引かせてしまうようです。

なかなか回復に手間取っています(そろそろ2週間)が、仕事を休むわけにもいかないという患者さんの声を大事にしつつ、今日も試行錯誤しています。

読んで頂いてありがとうございます。


このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 はっとり接骨院

アクセス

 

所在地
〒483-8216
愛知県江南市古知野町塔塚177

診察時間
午前09:00~12:00/午後16:00~21:00
※日曜日と祝日は午後6時から午後9時までの予約制です。
※急患・時間外・往診についてはご相談ください。

休診日
土曜日午後、日曜日午前、祝日

アクセス
名鉄江南駅駅西口を出て、西へ約8分。
※中京銀行を右に曲がるとすぐに見えます。

お問い合わせ 詳しくはこちら