院長ブログ

2012年9月19日 水曜日

足首のねんざ?スポーツする子どもの場合。スポーツ外傷・巻き爪矯正・交通事故治療の江南市はっとり接骨院

最近足首のねんざを治療する機会が増えてきました。
その中で治りがよかったものと悪いものはどう違うのか考えるときがあります。

今回のいまいち治りきっていない患者さんの場合ですが、
1、初期の評価としては足関節ねんざの2~3度とかなり重症
2、およそ3週間の装具、包帯固定で日常生活の痛みはなくなる
3、サポーターをしながら徐々にスポーツ復帰(5週間目くらい)
4、2週間後に久しぶりの来院(7週目くらい)、運動時の痛みがまだ残っている

実際に5週間のレベルとしては
圧痛、腫脹、可動域制限もなくなっていましたので非常に良好で、本人もサポーターをしていれば運動も痛くないレベルでした(ここまではGood!)。
しかしいざ治療を少し中断して様子をみると運動時の痛みとともに圧痛がもどっていました(う~ん、急ぎすぎたか)。

本人さんの感覚では1週間ほどはすごくよかったけど、そのあとから痛みが戻ってきた・・・
ということは運動負荷を上げすぎてしまった・・・ということでしょう。

なかなか運動を中止する期間を設定するのは難しいですが、今回の反省を生かし、次はもっとよい結果を得られるように気をつけます。

反省の文章でしたが、読んで頂いてありがとうございます。



このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 はっとり接骨院

アクセス

 

所在地
〒483-8216
愛知県江南市古知野町塔塚177

診察時間
午前09:00~12:00/午後16:00~21:00
※日曜日と祝日は午後6時から午後9時までの予約制です。
※急患・時間外・往診についてはご相談ください。

休診日
土曜日午後、日曜日午前、祝日

アクセス
名鉄江南駅駅西口を出て、西へ約8分。
※中京銀行を右に曲がるとすぐに見えます。

お問い合わせ 詳しくはこちら