院長ブログ

2012年9月18日 火曜日

テニス選手の腰痛。スポーツ外傷・巻き爪矯正・交通事故治療の江南市はっとり接骨院

最近当院にテニスをしている夫婦(お二人ともテニスを指導している、かつては全国レベルの選手です)が来院されています。

テニスで痛めやすいところは
①利き手側の肘関節
②利き手側の肩関節
③非利き手の足関節
④非利き手の膝関節
⑤腰
と言われています(ほぼ全身ですね)。

この中でも特に日本では
競技レベルが上がるほど、腰の痛みが多くなります。

テニスでは腰を捻って反らす(一番腰に負担がかかるスポーツ動作)ことを繰り返すため
腰椎分離症のリスクが高く、青少年のころにあまり気付かないまま大人になるケースが多いそうです。

当院に来て頂いているご夫婦の場合、旦那さんは若いころにも腰痛があったそうですが、奥さんには腰痛経験がなかったそうです(隠れ分離症か?)。

スポーツの低年齢化が進んでいますが、若いうちに一つのスポーツに絞りすぎると意外なケガが待ち受けているかもしれません。ご注意ください。

読んで頂いてありがとうございます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 はっとり接骨院

アクセス

 

所在地
〒483-8216
愛知県江南市古知野町塔塚177

診察時間
午前09:00~12:00/午後16:00~21:00
※日曜日と祝日は午後6時から午後9時までの予約制です。
※急患・時間外・往診についてはご相談ください。

休診日
土曜日午後、日曜日午前、祝日

アクセス
名鉄江南駅駅西口を出て、西へ約8分。
※中京銀行を右に曲がるとすぐに見えます。

お問い合わせ 詳しくはこちら