院長ブログ

2012年8月31日 金曜日

投球障害肩の治療②スポーツ外傷・巻き爪矯正・交通事故治療の江南市はっとり接骨院

昨日は問診の話をしました。
高校生の場合、一生懸命中学で野球をやっていた選手ほど、古傷を抱えていることが多いので注意が必要ですね。

実際の治療では、肩の痛みがどこにあるのかも非常に大切で、おおざっぱに言うと
①前側の痛み
②後側の痛み
で治療の仕方は異なります。

しかし!大切なのは投げる前にしっかりと腕が動かせるようになること。可動域が十分にあって、その範囲内で痛みがないことが必要です(可動域がすでに狭くなりすぎた場合や、あきらかな異常があれば手術適応になります)。

この上で投球フォームのチェックと、全身の基本的な可動域、筋力を評価して、さらに細かく治療に当たります。

当院は治療家が私一人なので、こういった患者さんの場合は多少お待ち頂くこともあります。

読んで頂いてありがとうございます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 はっとり接骨院

アクセス

 

所在地
〒483-8216
愛知県江南市古知野町塔塚177

診察時間
午前09:00~12:00/午後16:00~21:00
※日曜日と祝日は午後6時から午後9時までの予約制です。
※急患・時間外・往診についてはご相談ください。

休診日
土曜日午後、日曜日午前、祝日

アクセス
名鉄江南駅駅西口を出て、西へ約8分。
※中京銀行を右に曲がるとすぐに見えます。

お問い合わせ 詳しくはこちら