院長ブログ

2012年8月30日 木曜日

投球障害肩の治療。スポーツ外傷・巻き爪矯正・交通事故治療の江南市はっとり接骨院

1日あいてしまいましたが、投球障害肩の治療についてです。

まず一番初めに確認することは
いつから痛いのか。ということです。

これは本人しかわからないことですが、ここではっきりとした問診が行えないと治療は対症療法になってしまいます。
以前から痛い、中学生のころに痛みがあった、今日急に痛みが出てきたなど、その経歴によって治療方針は大きく変わります。

一番スムーズに治療が組めるのは、今日急に痛みが出てきた、ここ2~3日で痛みが出てきた、という急性症状です。

一番厄介なのは1年以上痛い、痛いけど投げていた、そして試合が立て込んでいる。という場合。

次の試合はどの程度大事なのか(大事でない試合・・・というのがあればです)、それを冷静に考えることができると治療方針も立てやすくなります。

接骨院では投げながら治す。というイメージを持たれていると、私の所では治療がやりにくい場合もあります。
投球を中止することは非常に大事な治療法だということもご理解ください。

読んで頂いてありがとうございます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 はっとり接骨院

アクセス

 

所在地
〒483-8216
愛知県江南市古知野町塔塚177

診察時間
午前09:00~12:00/午後16:00~21:00
※日曜日と祝日は午後6時から午後9時までの予約制です。
※急患・時間外・往診についてはご相談ください。

休診日
土曜日午後、日曜日午前、祝日

アクセス
名鉄江南駅駅西口を出て、西へ約8分。
※中京銀行を右に曲がるとすぐに見えます。

お問い合わせ 詳しくはこちら