院長ブログ

2012年8月12日 日曜日

伊調選手のねんざはどれくらいかかる?スポーツ外傷治療と巻き爪矯正の江南市はっとり接骨院

今日患者さんから
「オリンピックの伊調馨選手が足の靱帯をきったまま金メダルをとったけど、どうなの?
という質問をされました。

私が見たわけではないですが、報道では足の外側の靱帯を1本断裂し、もう1本が切れかかっている、ということらしいです。
他のスポーツ選手だとおよそ全治3カ月と言われるような状況だと推測されます。

こういった場合、普通(オリンピックなど以外)であればしっかりとギプスで1週間は固定し、
それから固定を変えながら徐々に足首を動かす練習をして、
そしてテーピングしながら徐々に競技に戻っていく。


今回の伊調選手はその途中過程を全て飛ばして、いきなりテーピングで試合に出たわけです。
これを行うには
1.非常に強い精神力
2.周囲の大きなサポート(医学・移動方法・家族の支えなど)
まずこの2つが必ず必要です(一般のスポーツ選手には勧められません)


しかし、こういった無茶をすると、後遺症が残りやすいのでそのリスクも背負って
金メダルを獲得したのです。

やはり金メダリストは偉大ですね。

読んで頂いてありがとうございます。


このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 はっとり接骨院

アクセス

 

所在地
〒483-8216
愛知県江南市古知野町塔塚177

診察時間
午前09:00~12:00/午後16:00~21:00
※日曜日と祝日は午後6時から午後9時までの予約制です。
※急患・時間外・往診についてはご相談ください。

休診日
土曜日午後、日曜日午前、祝日

アクセス
名鉄江南駅駅西口を出て、西へ約8分。
※中京銀行を右に曲がるとすぐに見えます。

お問い合わせ 詳しくはこちら