院長ブログ

2012年7月18日 水曜日

投球制限を守ってくれる高校生。スポーツ障害治療の江南市はっとり接骨院

厳しい暑さが続いています。
そろそろ高校生は夏休みに入り、補習授業や部活などで多少生活のリズムが変わるころでしょうか。

以前お話した野球肘の治療をしている高校生ですが、投球制限を守ってくれています。
そのおかげで痛みはかなりなくなってきましたね。

今度は投球開始やフォームのお話です。
投球開始については私は肘がしっかり伸びる事、そして圧痛が無くなっていることを最低条件としています。
彼はそこまで回復しているので、投球練習(キャッチボールレベルですが)を始めるようにお話しました。

この際、特に注意してほしいところは、肘が外に回らないことです。
本来人間の肘は真っ直ぐ屈伸しかしない(わずかなら他にも動きますが)ので、いかにして
縦に振るかということが重要です。

この方法には真下に投げたり、低く投げたりすることがポイントですので、そこを指導してみました。
理解力があるのでこのまましっかり復帰して、3年間頑張っておしいですね。

読んで頂いてありがとうございます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 はっとり接骨院

アクセス

 

所在地
〒483-8216
愛知県江南市古知野町塔塚177

診察時間
午前09:00~12:00/午後16:00~21:00
※日曜日と祝日は午後6時から午後9時までの予約制です。
※急患・時間外・往診についてはご相談ください。

休診日
土曜日午後、日曜日午前、祝日

アクセス
名鉄江南駅駅西口を出て、西へ約8分。
※中京銀行を右に曲がるとすぐに見えます。

お問い合わせ 詳しくはこちら